終活サポートなら京都写真家の松谷行政書士事務所へ

相続サポート

 

人が亡くなると、必ず相続が開始します。

 

亡くなった人の財産を承継する相続人は全て法律によって定まっています。

 

相続人は、
@子
A父母その他の直系尊属(父母、祖父母)
B兄弟姉妹のように被相続人と一定の親族関係にある血族相続人
C被相続人の配偶者

 

相続は遺言での指定がある場合を除いて、相続人全員で遺産分割を行います。

 

 

相続人調査

亡くなった方の相続人は誰に当たるのかを調査し、相続関係説明図を作成することが必要になります。
行政書士が受任できる「事実証明に関する書類の作成」になります。
相続人をきちんと調査して遺産分割協議をしないと後から相続人が出て来た場合に非常な問題が生じます。

 

 

相続財産の調査

亡くなった方の財産を調査し、財産目録を作成することが必要になります。
行政書士が受任できる「事実証明に関する書類の作成」になります。

 

相続関係説明図と財産目録は遺産分割協議書作成に必要な書類です。

 

 

他の士業との提携

相続財産に不動産があったり、相続税が発生する場合は、司法書士や税理士と提携してワンストップサービスを提供します。

 

 

相続財産の範囲

相続財産とは、被相続人が遺した金銭的価値のある財産の全てをいいます。
債務も含まれます。
@土地、建物、現金、貴金属等の所有権
A金銭債権、借地権・借家権等の所有権
B損害賠償請求権
C著作権や特許権
D会社の社員権
Eゴルフ会員権
F取消権、解除権、買戻権
G債務

 

 

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は、共同相続人全員の合意で作成する必要があります。
そのため、戸籍謄本等で相続人全員を把握したり、登記事項証明書、銀行照会等により、
不動産や預貯金等の相続財産全部を把握し、実印を押印し、印鑑証明書を添付します。

 

相続人の中に、認知症などの判断能力が不十分な者が含まれている場合、本人に代わって協議に参加する者を選任し、家庭裁判所に成年後見の申立てが必要です。未成年者がいる場合、親権者である父や母が法定代理人になります。親も子も相続人となる場合、お互いに利益が相反する行為となるため、特別代理人の選任を家庭裁判所に請求しなければなりません。
行方不明者がいる場合、不在者財産管理人の選任、権限外行為許可の申立て、失踪宣告の申立てなどを行う必要があります。

 

 

相続はいろいろなケースがありますので、まずはお話をお聞かせください。
お話を聴かせていただき、必要となる書類、費用などをご案内いたします。

 

ご相談のお申し込みはこちらから承っております。

トップへ戻る